昨晩も稽古。

 

5:5では演技にならないという話をした。

 

心は揺れるものなので

 

例えば

 

「悪いことをしているな」と感じる心と

 

「だけどしょうがないじゃん」と思う心は

 

5:5の状態であり続けることは無い。

6:4だったり

3:7だったり

そうすると心の筋肉がうごきやすい

 

そんな話をした。

 

常に5:5の均衡がとれている状態と言うのは

思考停止ともいえるから(どっちでもいいと言うことだ)

心も頭も疲れない。

 

そう考えると、演技と言うのは疲れることをし続けているともいえる。

お客様は疲れようとしている俳優を見に来るのだ。

 

たとえばスポーツだって疲れる。

ゲームだって疲れる。

読書も映画もドラマも疲れる。

 

疲れるけど、し続けるのが楽しい

疲れるので、やめる

 

「向き・不向き」の境界線はシンプルだ。

 

さて、

上手くいかなくって

「この仕事は自分には不向きなのかも?」と思うことは何度もある。

しょっちゅうである。

 

そういう時は大抵楽しくない。

上手くいかない事を常に楽しめるほど人間は頑丈ではないから。

 

だけど始める時はみんな

「上手くいかないけど楽しい」と思って始めていたはず。

三日坊主で終わることがなかったのなら

「上手くいかないのに楽しい」のはなぜだったのか?

 

それを思い出す事が出来れば心強い。

 

自信満々に仕事をやっている人なんていない。

みんな四苦八苦してる。

胸を張っているだけの人はいなくって、人知れず背中を丸めている。

 

上手くいかなくても楽しかったのはなんで?

 

思い出せない時は、

 

考え続けてるからこそ、出る答えがあるんじゃないかと、

 

ずっとずっと考えている。

 

 

 

「におう女とかげない男」メールフォームはコチラ

http://form1.fc2.com/form/?id=224499

 

 

ブログだと、口が滑って余計なことを言う可能性が少ない。

 

ツイッターはちょっと危ない。

 

気をつけていても、思わず言わなくていい弱音や

暴言を吐いてしまいそうになることがあるから。

最低限の品を自覚していないと

 

「あえて」言ってる

とか

「心を鬼にして」言ってる

とか

そんな簡単な言葉を言い訳にして、本意とは違うことを勢いで書いてしまいそうになる。

そんで本意をいじくりまわしているうちに、

一体何を伝えたかったのか?感情を爆発させたかっただけなのか?

そこらへんの区別すらつかなくなって

モヤモヤした気分になってしまいがちだ。

区別がついてればいいと思うけど、

ただの爆発を理性的に取り繕って語るのは気味が悪い。

(よくやっちゃうけどね(泣))

 

一方ブログの文章は、、、と書いて、

(ちゃんと推敲されているからだいじょうぶ、と書きたかったけど)

 

やや長文を書いてしまうと、途中で自分の文章に酔ってしまい始める事がある

 

これも、危ない。

 

と言うより、ものすごく気持ちが悪い。

 

翌日読みかえしてみて

失敗したあああ!と恥ずかしがってみても

ツイッターみたいに気軽に削除できないしTLの川下に流れていかないから、

しばらく生き恥をさらしていくしかないと覚悟を決める。

 

 

酔った文章の気持ち悪さ+覚悟

 

 

。。。こりゃやばい。

。。。血の気が引くいきおいでヤバイ。

ブログで長文書く時は気をつけないとな!

 

さて、

稽古場では言葉を推敲する時間が極端に短い。

演出として発言する時は、

クリエイティブなことを言わなきゃいけないことが多いのに、

考える時間が少ない。

 

「こうしたらすごく面白くなると思う。

えーと……」

 

結果すごく間違ったことを言ってしまうことがある。

「……抱けばいいのでは?」

とか

「……クドクドクドクド……言い換えると……クドクドクドクド……」

だけど

間違える時は、いっそ思いっきり間違えていきたいと思う。

 

暴言を吐かないかわりに

思いっきり間違えて、困ったらチクチク修正していきたい。

 

 

本日も稽古。

演出だって俳優さんとセッションしてるんだってことを忘れずに、

俺が先陣をきって、間違えていきますんでよろしく!

 

 

ハンニャーズ公演

「におう女とかげない男」

チケットはコチラからどーぞ

http://form1.fc2.com/form/?id=224499

 

 

 

そしていま、俺はこの絵をみるとほぼ間違いなく目が潤む。

芝居は間違いなくこんな感じにはならないと思うけど。

すてきらよね。

 

稽古。

 

スムーズにおもしろくなっていくシーンもあれば、

 

おお。どうした?なんでこんなところでつまづくんだ?

謎の迷宮に入り込んでしまうシーンもあり。

 

昨晩は稽古の後

齋藤さんと、めぐちゃんと、たべくんと雑談をしてて

齋藤さんの口から

「もっと自由に動けたらいいのに、うまくいかなくてもどかしいんス」

との言葉をききました。

 

自由は難しいのです。

 

不自由さの原因はいろいろあるんだけど、

その中で俺がおもしろいなぁと思った原因は

「はずかしさ」でした。

 

めぐちゃんに抱きついていいものかどうか?

とか、、、

(すっげーニヤつきながら躊躇していたのでおもしろかったんです)

 

これは、

「恥ずかしがってないでやれよー!」

と言ってしまうとおもしろくないのです。

 

齋藤さんの場合

<恥ずかしがりながらも、やってしまう>演技

が、ものすごくおもしろいので。

拒否されることを一秒しか考えない演技とかも。

 

ここを解きほぐし切ってしまうと

こなれた感じは出るんだけど、おもしろさが失われてしまう気がして。

 

恥ずかしいまま、堂々とやって欲しいなと思いました。

 

それは、後ろめたさのない恥ずかしいエッチ感と似ている気がします。

罪悪感や気後れがなければ、極上のコミュニケーションをとることは可能ですよね?

 

先日ナンパモノのAV談義で長時間熱く語りまくったという齋藤さん(市川君がロビーで暴露してました)のことですから

この言葉でわかるんじゃないかなと?

 

 

 

恥ずかしいからこそ自由になれる喜びをしる

 

 

 

これを体現してください

 

 

すっかり齋藤さんへの私信みたいになってますが、

これは「演技一般の話」。

齋藤さんはこのブログを読んでないと思うし。

 

 

そしてこれは、めぐちゃんにも言えることなので、、、油断してはいけませんよ。

 

 

ま、いいや、また稽古しましょっ

 

 

生真面目な稽古と、しもネタ稽古が混じり合って進められている

爽やかな微炭酸コメディ「におう女とかげない男」!

チケット予約はこちらのフォームからどうぞ♪

http://form1.fc2.com/form/?id=224499

 

 

 

 

 

 

 

稽古はシーン作り後半まで来ました。

 

昨晩は舞衆一ノ太刀からの出演者であるめぐちゃんと、

限界トパーズからの齋藤さんに

けっこうダメ出ししながら丁寧に稽古を進めました。

 

身体に正直になって演技して欲しい

 

と言うことを、例えば

重心の移動、とか

何を一番に考えているのかをはっきりとさせる、とか

行間を繋ぐ、とか

そんな基本的なことをおさらいしながら稽古。

 

日常生活を「いい人」で送っているいい人であればある程

演技を予定調和に落としこんでしまおうとしてしまうから、

「それは嘘にみえるよ」と

しつこく指摘。

周りにあわせる事が出来る人間を俺は尊敬しているけど、

舞台でやると「あからさま」になってしまうから可哀相に見えてしまう。

(俺には個人的に、病的にそう見えてしまうのです。。)

 

対して、ベテランの谷藤さんなんかは

普段もいい人の皮を被っているけど

演技になると傍若無人。

好き勝手やってるのに、結果として調和してる感じ。

周りは必死だけど!

 

目的と行動と障害

 

この三つを丁寧に設定して行うだけで

演技は一挙に自由になったりします。

 

ここにこだわり始めると、稽古の進みは遅くなるけど、

この地味な作業が演技の基本で、

それをみているのが好き。

 

稽古は一進一退。。。どんな座組で行っても、

それは変わんない。

 

だからおもしろいのです。

 

今夜の稽古でシーンは更に進みます。

いよいよ終盤大詰め直前まで稽古します。

 

いろんなキャラクターが沢山出てきて

俳優さんがそれを楽しそうにやっているのをみるのは

とても幸せなことです。

 

稽古の進み具合を書いているうちに、

進み具合が気にならなくなるのが不思議です。

あんまり焦りがないのです。

 

でも、でも、でも、

チケットは早く売れて欲しい!!!

DM発送がすんだら、

宣伝攻勢にはいりますよーーー

 

チケット予約はコチラから↓

http://form1.fc2.com/form/?id=224499

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年3月に行ったナンセンスコメディ

「メガミノコンセント」同様に

いや、きっとあれ以上に

「におう女とかげない男」でも

劇中歌を歌ってもらうことにしました。

 

前回は歌える人が沢山いるから急遽、歌ってもらったのですが

今回はも歌える俳優さんがたくさん出演してくれることになって、

台本の執筆の際に

 

「歌う」

 

と書きました。

 

何を歌うのか?を昨晩決めて、

今日の朝も車中で聴きこみながら職場へ。

 

あ。今回も齋藤尚也さん(出演者)がメインで歌ってくれます。。よーー!

 

たべくんもいるし(ハモれる)

もっつぁんもいるし(ハモれる)

山田さんもいるし(不明)

 

歌いたくてうずうずしてる俺もいるし(歌わないけど)

 

朝の道路はつるつるで(凍っていて)

なんども叫び声をあげながらだったけど(ギャーワー)

(遅刻もしましたけど)

歌が決まって嬉しいまんまです。

 

(コーラス)

 

はい。

本日の日記に(かっこ)が多いのはコーラスの事を考えているからなのです。

本日も、稽古。

 

 

 

「におう女とかげない男」チケットはコチラから

http://form1.fc2.com/form/?id=224499

 

ちなみに前回はこんな感じで練習してました。

 

稽古して2週間になりますが、

 

徐々にそれぞれの手の内がわかり始めてくる感じです。

 

俳優さんも俺もなるべく出し惜しみしないように

 

手の内をさらしていってます。

 

さっさと底をついた方が面白いですよね。

 

この感覚は台本を書いてる時と同じかもしれません。

 

もう、手の内からはなんも出ないぞ!!ってところから

 

もうどうにでもなれ!!を越えて

 

あ。これかも。まだあったかも。

 

砂みたいに脆い閃きを一握りする為に稽古をしている様な気もします。

 

だから、やれることは、さっさとやってしまおう!!なのです。

(小手先の技を含む)

 

ベテラン俳優さんがとにかく出鱈目に何でもやってくれるので

(あの物おじしない感じが、稽古に風を吹かせてくれます)

(これって、上手いとかそういうんじゃなくって、清々しいのです)

中堅・新人の俳優さんも笑ってばっかりいます。

 

先ずは雑味を殺すことなく稽古していきたいと思います。

 

そのうち、雑身を失う怖さを越えて、洗練させなきゃいけないんだけれど。。。

 

若い子は特に怖がりかな。

そんな印象。

まだ怖がっていてもいいけどね。

心も頭も身体も、開くのには時間がかかるのです。

俺も怖がりだしね。

まずいこと言ったかも!!って演出中に変な汗たくさんかきます。

 

そんなわけで

イマイチまとまりのない、座組で、わいわい稽古中!

手の内は汗だくで変な匂いしてます。

 

 

ご予約はコチラから♪

http://form1.fc2.com/form/?id=224499

 

稽古は順調です。

 

演技は初心者レベルなのに異様に華がある俳優と

実力のある俳優さんたちが、絡み合って、

各々の魅力を引き出しあっている感じ。

 

稽古は月潟稽古場の劇場スペースで行っているのですが、

客席側に座って稽古を観ている俳優さんあっちからも

笑い声が聞こえてきます。

これは、もう、滅茶苦茶助かります。

なんせコメディですから、

ですがコメディ作成にありがちな「煮詰まって何が面白いかわかんなくなる」状態

を、今のところ絶妙なバランスで回避できています。

 

煮詰めて、踏み込んで、えられる面白さは勿論あります。

今回も稽古は短いシーンを繰り返し行っていますが、

深く考えるよりも、ふわっと浮かんでくるアイディを逃すまいと

「面白さ乞食」みたいな目で稽古を観ています。

 

ジャンプ力よりも揚力でふわっと飛びたいなぁと。

力まずに、浮き上がる為の微調整を繰り返して、別世界に飛びたいなぁと思っています。

 

まだまだ稽古は序盤も序盤ですが、

引き出しをたくさん持っていて、

アイディアに敏感な俳優さん達と一緒に作品作りが行えるのは

嬉しいことです。

 

総勢12名の俳優さんが入り混じる今回の舞台。

煮詰まったら、もう一度水で戻して、どんどんコクがでればいいなぁ。

(カレー作ってるみたいですが)

 

本日も、稽古!

 

 

「におう女とかげない男」公式予約フォーム はコチラ

form1.fc2.com/form/?id=224499

 

 


Profile

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Link

Archive

Selected Entry

Comment

Search

Other

PR

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM