ついに稽古場が我らのモノになった。
目茶広くって、少々戸惑う。
 先週の土曜日に東京でナイロンの芝居を観る。
最高。もう、ミーハー的に観てるから心底楽しめて。
終演後ケラさんとすれ違い、こっちはもう数年来のファンなので
思わず知人のつもりで会釈、は!ケラさんじゃん!
何か言わなきゃ、サインもらわなきゃ!と思いつつ、でたことばは
「おもしろかったです。お疲れさまでした。」
ふつうだ。ああ、せっかくあこがれの人とすれ違ったのに、
握手くらいしときゃよかったと思うモノの、あとの祭。
もう一度最初からやり直したい。ワシが声掛けたのなんか、忘れてるはずだけど、忘れちまってください。
-----

昨日は稽古場開きということで、朝方まで飲んだ。
といってもワシはアルコールは一切受け付けない
体質なので、コーヒーばっかり飲んでいたのだが。
久々の飲み会ということもあって、懐かしい面々とも
あう。みんな、社会人になったりして、偉いモノである。
先週の日曜と今日は新人役者のオーディションだったのだが、
今日、ひとりの女の子を新人として一発屋に迎えることとなった。
演劇の経験ゼロだが、「裸になるのもオッケイ」というつわものである。もう、こっちが圧倒されちまったよ。無論無意味に裸になってもらうことはないけどね。一発屋の役者にもオーディションのお手伝いを
してもらっているのだが、彼等のほうがより緊張してて、借りてきた猫とはああいうのを言うんだろうな、と思って笑ってしまった。
 オーディションなんて頭が高いんだよ!といわれそうだが、こっちだって誰でもいいというわけじゃないんだから、そこんとこわかって欲しい。昔、少々にがいけいけんがあって、慎重なのよ。来週も多数の応募者、まってまーす。
-----

近じか、5月6日(日)午後4時から
三条市のビッグビートというライブハウスで
久々のライブ予定。
我がバンド、「ザ・エンフレインザ」のバンマスの
村井が作曲した曲にワシが詩をつけたのだ。
何かすっげー時間がかかったので、こられない人のために
ここに歌詞だけ載せるのだ。
恥ずかしいのだ。でも、いまちょっち気分が高揚していはるので
のせるのだ。ライブに興味がある人は掲示板に「興味ある」と
一言下さい。村井君からライブへのお誘いの強烈なメールがゆくかもしれん。

 *『 力 の 湯 気 』

クス玉の中身炊きたての御飯        
ユゲット ユゲット
ユゲット 受け止めて
胴上げ全員爪1メ−トル
ユゲット ユゲット
ユゲット 受けられて 
トイレットペイパー山積み表彰状
ユゲット ユゲット
ユゲット 受け止めて
僕のためめかし込み来たあの娘の
湯気 湯気
アイガット ありがと
  
「なるほど」だなんて           
くちぐせ やめておくれ
「いろいろあるさ」なんて
ことわざにつなげないでよ
 
性懲り無くて 隠してるのが パワー
証拠が無くて 手にしてるのが パワー
ソトの瞳を気に掛けよう ハロー
「負けて大きく」なんて自惚れないパワー

*散々繰り返す

うーん。なんかまとまっていないようなきがするじゃ。
でもワシらはノリでライブカマスので、これでオッケイナノじゃ。
恥ずかしいので斜め読みして欲しかったのじゃ。
さらばじゃ。
-----

先日の日曜日に新人役者のオーディションを
無事終えました。多数の応募の中、今回新人
として一発屋に入団したのは2名です。
この二人には芸名をつけることになっているので、
二人の紹介は、近日中にしようとおもいます。
残念ながらおっこちちゃったひと、ごめんなさい。
実力云々ではなくて、一発屋の稽古日程と悔いちがうひとは
今回ご遠慮させてもらったのです。

もうじき9月に向けての公演のための台本制作に
とりかからねばなりませんわし。
がんばりまっす。
-----

6月の半ばから9月公演に向けての稽古が始まる。
新作なので今台本を書いてる最中なのだが、正直なはなし
まだ、一行も書いてない。いやいや、構想は練ってるのよ。
ギュッギュ、ギュッギュと。
誰も助けてくれないこの作業。台本に取りかかっているときは
いつも強烈な孤独感。制作会議をやっているときも孤独感。
今日は、バイトをお休みしたのに一日中稽古場で整理整頓を
していました。もう、シャブ中みたいに掃除しまくり。
稽古場はすがすがしいが、ワシの心は濁点だらけ。ずがずがじいよ。
日曜に最初の一行をかくよてい。しばしこの日記から遠ざかるかも。
ゴールデンウィークもどこにも行ってない。ライブは成功。
ライブのこんと台本書いてないで、一発屋の台本かけっての!
はーい。がんばりまっ。
-----

くっそー!眠れない。台本を夜に書いてるのがやばいんだろうか
オイオイいま4じだぜ。あたまがカッカするってのに睡魔が訪れない。
きっと朝起きるときまたつらいんだろうな。
 酒を飲めば、頭がもうろうとしてねむれるかもしれんと思い、チビっと飲んでみるも、頭がもうろうとするだけでちっともねむくならん。
ねればねたで悪夢ばっかだし。昨日の夢なんてディズニーランドの入り口まで行って、入場券買えなかった夢だし。
台本があがれば安らかにねむれるとおもいきや、直しの連発でうかうか
してらんないだろうし。けどスケジュール埋まってないと心配になるし。もう、詰んでるのかも。そうそう、唯一の楽しみは稽古場の破損してる個所を直すことね。日曜大工どころか火曜大工や木曜大工もしてるんだ。ちまちま整理整頓するのもとっても心が潤うお仕事だね。趣味は
整理整頓だな、こりゃ。明日は屋根の雨漏りを直そう。ケケケ。
-----

長いことご無沙汰しました。
ずーと9月公演用のの台本かいてて、日記がかけなかったのにゃあ。
ごめんね。
6月の10日に役者だけによるミニ発表会がありまして、その後役者に
台本をわたしまいた。
 ミニ公演は、イロイロとがんばってるところやだらしないところや
ありましたけど、無事に終わりました。役者だけで舞台を作ってみるってのも、いい勉強になったようです。これからも公演前にはこのような
準備運動をするべきだとおもいました。
 んで、台本をよんでもらったのですが、ワシは1時間もあればよめる
じゃろ、と思っていたのですが、何か全員が読むだけで2時間もかかってしまいました。長いらしい。今回はサスペンス作品ということもあって、途中で10分の休憩を入れるつもりだったのですが、それにしても
長いらしい。このままでは2時間30分以上らしい。なんとか2時間30分以内にしなければ。
 しかし、それ以上に驚いたのは役者の口々から「暗い」とか「薄ら寒い」とかの言葉がでまくったこと。そんなにくらくないべさとフォローはしたけど、どうもみんな薄ぐらい気持ちになるらしい。今まで明るい芝居ばかりだったのに、と言われるが、ワシとしてはずっと薄暗い芝居をやってきたつもりだったので、少し驚いた。まあ、実際に読み合わせをしてみたら、かるーい感じにはなったんだけど。ワシはネアカな芝居はかけんです。笑いはすっげー大切にしてますが、結局薄暗いのです。
薄暗くてもげらげら笑える作品をつくろうと思っているだけなのだ。
そこんとこよろしく。
 まあ、最近のナンセンスギャグ作品とはうってかわった作品なので
どうした?とおもわれても無理はないけど。今回はストレートプレイを
目指すのじゃ!そして笑いも盛りだくさんなのじゃ!テーマにこびるつもりのない笑いにも期待してほしいのじゃ!
-----


Profile

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Link

Archive

Selected Entry

Comment

Search

Other

PR

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM