次回公演にもう「来て下さる」という方へのメッセージも
大切だけけれど、
「どうしよっかな?」って言う方々に

面白いから!

って力説してもイマイチピンとこないことでしょう。
みんな「自分ところは面白い!」って思ってるし、
「力作」っていうし
「損はさせない」っていうし
「@@さんも出演してるし」ていうし。

直球は大事ですよ。
そんなことは言われなくても、重々承知なのだけれど、
それにしても
いわゆる
「口説き文句」に乏しくなってしまうのが
作品上演間近に起こること。

観る方に、やってる方の直前の熱気(みたいなモノ)が伝わると思っていたら
大まちがい。
「来てください!」と闇雲に言うのは。。。限界がある。。。ってみんな知ってるでしょ?
観る方にとっては、あくまで平穏な日常の中の一ページ。
熱気は手段がないと伝わらない。(そもそも熱気なんていうものは自分で昇華してほしい)

あ。あ。あ。あ
何度も言うけれど、直球は大事ですよ。
熱意がなきゃなんもできんw

「どうしようかな?」って思ってる人を
少しでも引き込める宣伝文句。

もうね。
身も蓋もない言い方だけれど、
どんな作品に仕上がっているのか、仕上げようとしているのかを
マジで知ってもらう努力が必要。「ほんとうのこと」を言えばいいんですよ

だから、
ネタばれギリギリの線で、赤裸々に情報を公開すべし!

情報公開したら観に来たときに面白くなくなる。。。
なんて言う、怖がりな事を言ってないで、
ネタばれしなきゃ、ファンの方は細かい情報に喜んでくれるし
ファンでもなんでもない方にとっては、保険になる。

例えば、
どんな台詞があるのか?とか

例えば
どんなアクションシーンがあるのか?とか

例えば
どんな謎があるのか?とか

例えば
どんな美男美女が登場するのか?とか

例えば
一番苦労した点(これがいわゆる「見どころ」です)は?とか

出来るならば、動画を公開して。
攻めまくればいいんだと思います。
皆さん隠し過ぎー
「最終的には生もの」がウリなんだから。
「生で観てこそ!」なんだから。
「情報」くらい、ばばばーっとドンドン公開しちゃえばいいのに。

もういっこ。
どうしても、どうしても、
今回の上演作品を「ベールに包みたい!」
のであれば、
過去の上演作品を動画でUPすべし。

過去の上演作品であれば
秘密にすることなく、
語り放題じゃないですか。

「過去の上演作品と、今の上演作品が、180度方向性が違う」
なんていう難しい議論もあるけれど、
過去の上演作品と現在の上演作品が地続きじゃない、だなんてありえないんです。

今回の上演作品を
積極的に知ってもらうために、
「こんなのやってるから参考にご覧になって、よかったら来てください」
と言えるのが、いま、僕が考えうる、精いっぱいの口説き文句です。

うわ。引くほど、普通のこと言ってやんの。。。w

。。。そんなわけで、正月休みはずっと過去作品の動画をUPしてます。
成果の程は。。。んな短期間で成果もなにもありませんけどーw

最近「強気」な発言が多いのは、
もちろん、「ウルトラリップス」を観に来てほしいから。
俺が吠えたところで、影響は微々たるもの。
ま、つまり、自戒でありんす
今後もストレスたまらないように、吠えていきまーす























youtubeに
「松崎バックチャックス2」の「ゴールドタイム」をUP

youtubeでチェック!

なんで「松崎バックチャックス」を優先的にUPしているのかと言えば、
過去に撮りためた作品の整理がついてるのがバックチャックスしかないから。。。
膨大な量のDVテープと格闘してる。。。

ああ。

過去に記録用にDVDにしたはずの過去公演映像。。。なくなってるんだもん
どこいったんだよーーーー!


 youtubeに4本、動画のっけましたー
よかったらどうぞう

「松崎バックチャックス」2007/3月_幕間映像






「松崎バックチャックス2」2010/3月_幕間映像




BGMを極力排した芝居作りをしてきたんだけれど、
今回は使えるところでしっかりとBGMを使います。
使えます。

作りものの見すぎだよ。。。
と思われるかもしれませんが、
実際作りものの見すぎなんですが、
今回はBGMが効果的であり得る作品ですから、
使わない方が嘘なのです。

「あ。あった方がいい。」と直観を信じるだけで、
あんまりこだわりないです。
音楽著作権には毎回神経使ってますけれどw


ここ数日もやもやんと迷っていた
キャスティング。
今夜二回目の読みあわせをして、
舞台監督にも意見を聞いて、
演出としてのアイディアも出てきたので、
決定。

これでいい

と思えるまで、さんざんやらかさないと
前に進めない性質は相変わらずだなぁと
自嘲したけれど、
決めてしまったら、後は進むのみ〜!

小出佳代子と近藤聡実を
ツートップにしてのミステリーです。
「ああ、続きが観たい!」
って思ってもらえるような、歯切れのいい作品目指します。

客演の先川史織さんが、しっかりと謎を孕んでくれるので
安心。あんなに上品な役者さんとご一緒するのは初めて。
舞台作品として難産にならない作品作りができそうです〜

次から、さっさと立ち稽古、開始ですよー



過去のハンニャーズミステリー公演を編集して
10分の動画にしました。

たかだか10分の動画を作るのに
編集作業10時間。。。
「あれもしたい、これもしたい」
と思ってガチャガチャやっていけれど
まずはシンプルな動画を作ろうと思って
音楽は入れませんでした。

著作権フリーの音源もあるんだけれど
音楽に合わせて動画を編集し始めたら
たぶん、この2倍くらい時間がかかる。

ぎゃぼーー

時間に制限がないのなら
ずーっと編集作業してそうな勢いでだけれど

「きりのない作業」というのはあるわけで

そんな時は、どこかで切り上げないと
仕上がらないわけで

夜中の1時も回ったので
UPしますー

「ハンニャーズミステリー集」youtube
http://youtu.be/oa3e_T1Pv14

チラシ用の撮影を終えて、読み合わせに突入。
うむ。とてもいい感じ。
当然、初読み合わせで、ほぼ、棒読みに近いものなんだけれど、
物語が聞こえてくる。
こうしたい、ああしたい、というアイディアも浮かんでくる。
今回はベテランの舞台人を舞台監督にお招きしているので、
裏方のこともお任せできて、気分がすごく楽。

演出だけできる。

なんだ、この恵まれた環境は。
初参戦の先川史織さんも、放っておいてもちゃんとできる女優さん。
うちのメンバーは、相変わらずド下手だけれどwここから20倍よくなるから不思議だ。

早く稽古を進めて、「楽しい」だけの状態になりたい。
「ウルトラリップス」はじまるよー♪


Profile

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Link

Archive

Selected Entry

Comment

Search

Other

PR

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM