先日、妙な忠告を受けた。
詳細は明らかに出来ないけれど、
「心配しているからこそ言っているんだ」と先方は言うのだが、
どう聞いてみても、俺を心配しているのではないだろ?
そんな風に聞こえて、腹がたった。

「その心配の先には何があるの?」と聞いたら、
「中嶋が壊れないように」との返答。

頭に疑問符が乱立する。
。。。お門違いだろ?
少なくとも「この件」に関して
俺を取り巻く状況を一番知っているのは俺自身だし、
どっちにしたって、活動を続けていれば
少なからず、傷なんかつくに決まってる。

当事者はあくまで俺なのだから。

おそらく先方は俺を取りまく事態をコントロールしたいのだなぁと思った。

心配をしてもらうのは、ありがたいけれど、
第三者に指図される言われはない。
腹が立って、
自分を取り巻く状況の中で、最善を尽くしているのだと
まくしたててしまった。

自分の活動に正当性があるとは思わない。

正しさなんていらない。

出来ることを口だけでなく、やっているだけだ。

俺はちっとも偉くなんかないし、優しくもない。

自分勝手を自覚しながらも、立ち止まったままなら、何にもならない。
そう思っているだけだ。

。。。しかしまぁ
お門違いながらも、新潟の片隅で活動している俺を
気にかけてくれている方々がいるというのは
ありがたい話だ。

「余計な御世話だ!」

と叫んだ言葉は撤回するつもりはないけれど、
先方も俺もお互い馬鹿なんだから、こんなもんか。。。と納得した月夜。

他者を変えることは出来ない。
変えられるのは、自分自身だけである。
そうでしょ?












 

  • 2017.06.06 Tuesday
  • -
  • 14:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
そうそう。

『過去と他人は変えられないが、
未来と自分は変えられる。』

好きな言葉のひとつです。

風が強くなってきました。
過去の自分は遥か彼方の棚の上。
  • 猫影
  • 2013/10/20 02:03





   
この記事のトラックバックURL : http://nakajimadrive.jugem.jp/trackback/1587

Profile

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Link

Archive

Selected Entry

Comment

Search

Other

PR

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM